2018年4月24日火曜日

執筆の終わり。

2018年4月24日 そよ風ペダル 担当:梶川

はい、脚本執筆が終わりました。
広げた風呂敷は広がったままですが、確かに幕は引かれるべくして引かれました。
不条理演劇やコントやいろいろ書いていましたが、外れてはいなかったように思いますが、いかがでしょう。
作品の仕掛けとしての面白みは脚本サイドのこととして、みなさんは演技としてのその時のやりとりをどう扱うかでコントになれるかどうかが決まってくるように思います。
とにもかくにも終わり方について面白がってアイデアを出しているのを見て、なんだか楽しんで創作していけそうな予感がしました。

執筆のはじまり。

2018年4月24日 恍惚一座 担当:梶川

脚本執筆が本格化しました。
10ページ配布され、登場人物が全員出て役柄の物語の中での目的がほんのりわかるかという紹介までのシーン。
まだ大きな事件は起こっていない模様。
読み合わせを二回しまして、後半で登場退場の場所を仮に決めて立ち稽古を進めていきます。
前回のプロット表では18シーンで今のところ6シーン。
なかなか展開のはやい作品です。
みんながメイン役だけでなくその他の役柄も兼任しているので衣装替えがわかりやすく大変そうです。
場所もどんどん変わっていって。
これだけとると少し映像的ですね。
ただ映像なら簡単なのにということで、これをどう工夫するかが舞台の面白みでもあるわけです。
そもそも物語の構造が込み入っていて、それがどう伝えるかの方が大事ですね。
何にせよ、スタートです。

2018年4月20日金曜日

キャラクターと関係性

419 WakuWaku 担当 土井
久しぶりに全員が揃いました。
「しりとり」では、順番が不規則になり難しさ倍増。言葉を準備せず瞬発力で反応するように。
ハミングで身体の振動を感じる事から発声練習が始まります。最後に腹筋を使いスタッカートで鋭い発声を。発声練習はひとつずつ目的を確認しながらやる事が大切です。今年は普通に喋っている声が客席に届くことを公演までの目的に。ある程度の負荷をかけることも必要です。

今日は2組に分かれ即興の作品を作りました。
舞台は中学校の教師が集まる部屋。約束は「人の出入りを作ること」です。

最初のグループは学内禁煙なのに煙草を吸う先生がいて、掃除のおばちゃんや音楽の先生が彼女に絡みます。
もう一つは問題児の山田くんを巡って4人の教師達が議論します。
5分程度の予定でしたが双方共10分以上になりました。
終わってから、振り返りと意見交換を行い、次週に引き継ぎぐことに。
それぞれのキャラクターをはっきりさせる事で関係性が出てきます。各教師に教育方針や考え方が必ずあるはず。補導されたという情報に心が動くと、舞台の空気も変わります。
来週、完成度を高め、他に全員登場する場面も作ります。その場面では煙草も絡めて、山田くんの処分について話し合うことになりました。それぞれが考えてきて意見を摺り合わせましょう。



2018年4月17日火曜日

少人数制劇場。

2018年4月17日 そよ風ペダル 担当:梶川

今日はいろいろな用事が皆さんにあって、参加人数が4人でした。
少ない人数の日に限って、登場人物が増えていくシーンが配られて。
そうです、登場人物が増えました。
二人一役が揃いました。
そうです、同じ役をやっている二人が対面して、舞台上に倍の人数の役者さんが。
筒井さん曰く、もうすぐ終わるとのこと。
確かに会議が始まりつつあるわけですが、終わるのでしょうか。
来週には書き上がるとのこと。
とりあえずは今日はランタイムも知りたいので、後半を通し稽古しました。
4人での濃密な稽古となりました。

全体を見通す。

2018年4月17日 恍惚一座 担当:梶川

今日は追加脚本はありません。
代わりに3ページ分のあらすじというか、どんなシーンがあるのかが説明された構成表が配られました。
なかなか込み入ったお話になってまいりました。
話の筋が3つくらいありまして、それが絡まり合って最後の大円団。
やっとパーツがつながってきた感じです。
設定の変わった役柄もいて、脚本もないので今日の稽古は書かれたシーンをこんな感じでという要望が山口さんからあった上で即興で演じてみました。
それを見て脚本執筆のアイデアにしていきます。
まだ足りないパーツもある気がしますが、まずは作品の方向が見えてきて、面白い方に進んでいると思います。
いよいよ作品創作、スタートです。

2018年4月10日火曜日

淡々と。

2018年4月10日 そよ風ペダル 担当:梶川

ラストが見え隠れし始めました。
まずはついに机が並び会議の準備ができました。
そして途中でセリフなく登場した人物がふらりと再登場。
並べた椅子の数は出演者の人数と同じです。
最後は全員参加になりますかね。
二人一役の話いついても触れています。
なかなかややこしい話になっています。
喋っていることに意味はないのですが、ただおかしみを表しています。
役者さんに求められるのは、淡々とこれが普通のやり取りなのだと日常なのだと言うつもりで演じること。
笑ってもらおうと楽しげに笑わせにかかると脚本のおかしみが半減してしまいます。
ややこしさにこだわらずに演じていくのがいいように思いました。

場の空気という関係。

2018年4月10日  恍惚一座 担当:梶川

ブログの先頭にもなっておりますが、ただいま恍惚一座では次回公演への出演募集をしています。
この募集を見られて、今日は稽古場に見学が来られました。
今日の稽古はまだ登場していない役柄の人となりがわかるシーン。
昭和歌謡三人娘とプロデューサーの出会いのシーンでした。
普段どおり稽古しましょうとなっても、どこかしらいつもとは違う空気になります。
この空気の違いが興味深いです。
例えば舞台上に新たな役柄が登場すると、場の空気が変わります。
というか演技として変える必要があります。
変えようとすると不自然になるし、変えないと変わらない。
場の空気を変えるとはこういうことかと思い至ったわけです。
場の空気と言いつつも、つまりは人間の関係性なのでしょう。
人間ということで、そろそろ配役を決めて人が見えた上で執筆がしたいと山口さんから。
役柄に関してのアンケートをとりました。
来週は配役発表です。